« ウィンタースポーツ | トップページ | えべっさんBEER »

泪壺

2010年  11冊目

IMG_0129_1.JPG

「わたしを壷にして、側においといて」

癌に冒されて逝った最愛の妻を 骨灰磁器として遺した男

一周忌を過ぎ 男の前に現れた女性は その壷に戸惑いを隠せない

                          (データベースより抜粋)

失楽園愛の流刑地など数々作品有名

渡辺氏ですが 実みぃ初めて この方読みました

表題 泪壺 他 短編5話収録です

短編集とは気づかず 借りてしまったのですが・・・

イメージばかり先行しすぎたよう

もっと濃厚大人恋愛かと思いきや

それほどでもなくて よくある不倫多かった

そして泪壺 少々ホラーチック

いい意味 軽く裏切られました

次回 じっくり長編作 読んでみよう

★★★☆☆  星3つ

|

« ウィンタースポーツ | トップページ | えべっさんBEER »

みぃ読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泪壺:

« ウィンタースポーツ | トップページ | えべっさんBEER »