« きょうだい | トップページ | ぉ夜食 »

鉄道奇譚

みぃが 最近読んだ 本中で 面白かった本です

      

有栖川有栖著 『 赤い月 廃駅の上に 』

廃線跡  棄てられた駅舎  赤い満月(鬼月)

異世界への入り口開く・・・。

有栖川著なので

ミステリーだと思って読み始めたのです

鉄道まつわる 怪談話しいうか 奇譚集でした

怖いだけなく

笑い切なさあり ちょっと不思議な物語って 感じです

確か 駅電車は 毎日たくさん ひしめきあっていて

それだけ 人感情集まり 散っていく場所とも言えます

そんな場 舞台 10作奇談書かれています

有栖川有栖著短編集 初めて読みました

とても 楽しめました

|

« きょうだい | トップページ | ぉ夜食 »

みぃ読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道奇譚:

« きょうだい | トップページ | ぉ夜食 »